Home > アーカイブ > 2009-09

2009-09

Google GmailがiPhoneのプッシュに対応

GmailがiPhoneのプッシュに対応しました。
通常のE-mailは当然のことながら、読みたいときに自分で受信する必要があります。
これまでは、携帯のようなイメージで自動受信したい場合は、MobileMeとかいうAppleの有料サービスを利用する必要がありました。
これが結構お高いサービスで、このためだけに利用を決断するにはなかなか勇気がいるものです。
それを無料で利用できるとのことで、早速設定してみました。
ポイントはアカウント作成の際Gmailアカウントを選ぶのではなく、Microsoft Exchangeを選ぶことです。

    「ホーム→設定→メール/連絡先/カレンダー→アカウントを追加…」→Microsoft Exchangeを選ぶ。
    gmail_1.png

    下記の要領で項目を入力する。
    gmail_2.png

    入力後「次へ」をタップすると、証明書が正しくない旨のメッセージが表示されるので「受け入れる」をタップする。

    同期項目を選択し「完了」をタップする。
    gmail_3.png

    サーバーに”m.google.com”と入力する。
    gmail_4.png

以上の設定でプッシュ設定が完了します。
メールが届くと自動的にiPhoneにもプッシュされます。
とても便利なのですが難点が一つ、結構バッテリーの消費が激しくなります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

無線LAN親機 Buffalo WZR-HP-G300NH には機能がたくさん

ソフトバンクただともプログラムの5000円分の商品券が届きました。
何かに使わないともったいないということで、今回無線LAN親機を交換することにしました。
導入したのはBuffaloのWZR-HP-G300NH/Uのヨドバシモデル。
商品券5000円分とポイント20%還元で、割とお安く導入することができました。
今回この機種に選定した主なポイントは以下の二点です。

  1. 簡易NAS機能を搭載している
  2. VPNサーバーを搭載している
  3. DDNSの自動更新ができる
  4. マルチセキュリティで運用できる

特に1点目はかなりいい機能です。
以前にホームNASのLANDISKを導入しましたが、音はうるさいし熱くなる、おまけに電気代がもったいないなと感じていたので、
常時電源を入れることはせず、完全に利用するときだけ電源を入れるというライブラリ運用になってました。
常に利用できて、手軽にリーズナブルに運用できるNASはないかと考えてた矢先に目に入ったこの機能ですが、これらの問題をすべて解決してくれます。
ヨドバシモデルWZR-HP-G300NH/SUのUSB端子には、既に8GBのUSBメモリがさしてあるため、そのまま8GBのNASとして運用できます。
現状、容量はこのくらいで十分です。
足りないときは、大容量のUSBメモリに取り替えることもできますし、外付けUSB HDDをつけることもできます。
省電力機能に対応しているので、無駄な電気を使わず安心です。
そして、2点目と3点目は、まさにiPhoneをさらに便利に使うためにある機能です。
ホームネットワークにある東芝レコーダーや、ライブカメラに家にいる感覚でアクセスできます。
今までパソコンでVPNサーバーを立てていたので、これまた無駄な電気を使わずにすみます。
それにしても、この値段でこれだけの機能を搭載しているとは、最近の家庭用ルーターもずいぶん高機能になったものです。
4点目はセキュリティのAESとWEPで同時に運用できる点です。
エレクトーンSTAGEAはWEPでの暗号化にしか対応していません。
AES暗号化と同時運用でき、かつAESネットワークとWEPネットワークを分けることができるので、この点も問題解決です。

さて、これまでルーターは、ADSLモデム内蔵のMegabit Gear TE4551を利用していましたが、
ルーター機能をWZR-HP-G300NH/SUに委譲するためブリッジモードに変更し、ADSLモデム機能のみとして利用します。
TE4551にはWAN端子しかないため、ホームネットワークからアクセスできなくなったのが少々不便です。
HUBをつけて、TE4551のWAN端子とWZR-HP-G300NH/SUのLAN端子を接続すればアクセスできるようになると思いますが、
そこまでしてアクセスする必要はないことから、放置。
その点以外をのぞけば、快適に利用できていますのでよしとします。
追記
よくよく考えてみると、WZR-HP-G300NH/SU本体の後ろにはハブが内蔵してあるんでした。
WANとLANの端子を短いケーブルでつなぎ、LAN端子にモデムからの線を接続することで、モデムにアクセスできるようになりました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > 2009-09

メタ情報
フィード
スポンサード リンク

Return to page top