Home > アーカイブ > 2010-03

2010-03

ブルーレイマイスター・サードシーズン認定証

忘れた頃にまたなにやら荷物が届いていました。
何だろうなとあけてみると「ブルーレイマイスター検定の認定証」でした。
サードシーズンの分でしたが、セカンドシーズンほどは検定を受けていなかったのでもらえないものと思ってましたが、
ん?、なかなかイイじゃないですかー。
ファーストシーズンが欠けているのがちょっと寂しいですけど…。
(ファーストシーズン時はこんな検定があることを知らなかったのです)

また、誕生日ということでプレゼントをいただきました。
ドラえもん好きのための究極のドラえもんグッズ「特製どら焼き」です。
どうもありがとうごさいました!

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ブルーレイRDが待ち遠しい…

転職活動に試験勉強、資格の取得に、家電の収集とワンコのお世話など、暇人そうでかなり忙しい東芝デジタルファンです。
そういえば、某巨大掲示板やハローワークのホームページに繋がらないなど、昨日はいつもと違って調子が出ませんでした。
近々また新たな家電を増やしたいと思っていますが、今度は何を導入しましょう。

さて、以前にも話題になりましたが、RD/AKシリーズユーザー向けのレコーダーに関するアンケートに回答してみました。
アンケートにしてはかなりのボリュームで全部で23問、答えるのに思ったより時間がかかりました。
設問はすべて選択式で記述式で答える部分が少なかったため、伝えたいことすべては書けませんでした。
設問の中に今後購入するレコーダーの仕様変更に期待するものに「CELL搭載による高機能モデル 」という選択肢がありましたが、
まさか選択肢が用意されているとは…。少しは期待してもいいのでしょうか(笑)
CELL VARDIAがもし出たら、何も考えずに自分は買ってしまうでしょうね…。
でも値段が100万円だったら、CELLレグザを買うかレコーダーを複数台買った方がいい!?っことにもなります。
CELLレグザであれば、普通のテレビには一般的ではない「タイムシフト録画機能」と「LEDバックライト高画質」などが差別化機能となってますが、
CELL VARDIAはレコーダーなわけですから、他の高機能レコーダーにはない差別化機能が必要になってくると思います。
単純に同時録画数が増えるくらいではCELLを利用する意味がないと思いますし。
そこで期待するのがVARDIAならではのネットワーク機能です。
レコーダーにおいてブラウザからあそこまでコントロールできるものはRDだけです。
ただ、現状のレスポンスタイムやデジタル放送上の制限など、改善・改良できる部分はまだまだあると思います。
そういう部分でCELLの性能を活かしたものを作ってほしいですね。
最新機種では性能上の問題なのかいくつかの機能が削除されてしまいましたが…、是非復活させてください。
特に「番組表録画」と「ネットdeリモコン」は必須です。
(アンケートに削除機能の復活という選択肢もありましたのでチェックしておきました)

期待しております。東芝の開発者の皆様方。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > 2010-03

メタ情報
フィード
スポンサード リンク

Return to page top