Home > アーカイブ > 2014-04

2014-04

新型エレクトーンELS-02シリーズに関する不満な点

新型エレクトーンが発表されましたが、いただけない点がいくつかあります。
仕様を見てみた率直な感想。

  • Optical Out端子の廃止
    これはかなり致命的です。
    オーディオデータとしてのデジタルデータを取得する手段がなくなるということです。
    外部機器に演奏を録音したい場合や、デジタルヘッドホン等を利用する場合はアナログLINE端子の利用が必須で、
    高品位なデータを得ることができなくなります。
    なぜ廃止したのかその意図が不明です。
    その代替となる方法(USB経由でオーディオデータを出力する方法等)もありません。
    新機種でなぜ機能が後退する?

  • ELS-01のカスタムへのグレードアップがELS-02へのバイタライズ経由必須となる
    これも現ELS-01ユーザーの立場に全く立ってない措置といえます。
    ELS-01→ELS-01Cのグレードアップは不可能となりました。
    現ELS-01ユーザーがカスタムの機能にグレードアップしたい場合、
    ELS-01→ELS-02バイタライズ→ELS-02Cグレードアップという手順をとる必要があります。
    ここで問題になるのが、

    [1]. 費用
    バイタライズ24万+グレードアップ28万+取付費用+消費税=約62万

    ん?これって現ELS-01を下取りに出してカスタムに買い換えてもあまり値段の差がない?
    非現実的。

    [2]. カスタムにグレードアップした際のペダル鍵盤の色が…。

    ELS-02シリーズの足鍵盤周りは黒色です。
    一方、ELS-01シリーズの足鍵盤の周りは灰色です。
    バイタライズ経由でのカスタムへのグレードアップは当然02シリーズ用のグレードアップキットを利用するため、
    ペダル鍵盤とセカンドEXPは黒、それ以外は灰色のままとなります。
    色が混ざって絶対変でしょう!

    せめて色くらい統一できるように配慮するべきでは?
    62万近くの費用をかけて、こんなにちぐはぐな形にしようとは思わない。
    現01ユーザーのことを全く考えてない。
    なんか、01ユーザーは適当に扱われている感ですね。

Home > アーカイブ > 2014-04

メタ情報
フィード
スポンサード リンク

Return to page top