Home > アーカイブ > 2009-08

2009-08

STAGEAソフトウェアアップデート1.8公開

STAGEAのソフトウェアアップデート1.8が公開されていました。
最近はなかなか弾く機会がなかったので、何気なく公式ホームページをのぞいて発見しました。
今回のアップデートでの大きな変更点・機能追加点は下記の2点です。

  1. フォルダー単位のコピー機能
  2. ソング検索機能

個人的には、ソング検索機能は結構役に立つかなと思っています。
今後アップデートで是非対応してほしい点としては何点かあるのですが、下記は是非対応してほしいところです。

  1. レジストパラメータ一覧表示・もしくは印刷
    これは結構難しいとは思いますが、
    今どのようなレジストパラメータがどのボタンに登録されてるか、
    一目で分かるようなリスト表示ができたらいいな、と思うことがあります。
    1.7で追加されたレジストセクションコピーはかなり便利なんですが、詳細な値がほしいときが時々あるもので…。
  2. AESによる無線LANセキュリティ機能
    最近はWEPで暗号化することは少なくなってきていると思います。
    AESで暗号化しているところは、WEP用の親機も準備する必要があるので不便。
    この部分は是非対応していただきたい部分です。

el.gif

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

東芝のブルーレイ 第一歩

本日東芝のホームページに、正式にBDAに加盟申請したと発表がありました。
引用元:東芝
『ブルーレイ・ディスク・アソシエーション(BDA)への加盟申請について』 2009年8月10日
年内にもBDプレイヤーや、BDドライブを搭載したパソコンの商品化・発売を目指すとのことです。
東芝からブルーレイ機器が商品化される第一歩が踏み出されたことになります。
それにしても、東芝はまだ載らないのかなぁと、何気なくBDAのホームページを見てたときに入ったこのニュース。
東芝ファンとしては大変うれしいニュースです。
ここで訂正です。
先日書いた東芝BDレコーダーがほしい!に関する記事の中で、
年内発売と書きましたが、新聞を読んでみると正しくは年度内でした。
来年春頃かぁ、待てませんなぁ(笑)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

待ち望んだ東芝のブルーレイレコーダー

東芝のブルーレイVARDIAがほしい!に関連して…。

以前にもブルーレイ再生専用機を出すなどの噂があった東芝ですが、こんな記事が出ていました。

新世代DVDの規格争いでソニーなどの「ブルーレイディスク(BD)」陣営に敗れた東芝は、年度内にもBD市場に参入する方針を明らかにした。BD対応の録画・再生機のほか、BD録画・再生機能を搭載した薄型テレビ「レグザ」を発売する。
引用元:毎日jp
『東芝:ブルーレイに参入 年度内に搭載テレビ発売』 2009年8月1日

BD搭載レコーダーはもちろん、BDレコーダー内蔵のレグザまでというおまけつき…。

年末の導入家電はこれで決定です。
今年度末の導入家電はこれで決定です。
東芝レコーダーのユーザーとしては、現在できる機能をなるべくそぎ落とさない形で出してほしいと思っています。
ネットワーク連携による管理機能や編集機能など、東芝にしかない機能をなくした上で、他社と同じようなものを出されてはあまり意味がありません。
東芝が消費者に訴えてきたコンセプトに妥協することだけはしてほしくないですね。

東芝レコーダーは機能が多すぎて操作が難しいと、よく周りから聞こえてきます。
自分が思うには操作が難しいのではなく、豊富な機能をすべて使うことができないだけで、
何もすべての機能を万人が使えるようになる必要はないと思うのです。
事実、自分の親の世代のユーザーが何人かいますが、付加価値機能はあまり利用してないようですが、録画・再生は「きちんと」操作してます。
よくよく考えたら、すべての機能をまんべんなく使っている家電なんて少ないですよね。
レコーダーの最低限の機能は万人が楽々使えるように、そして付加価値の機能はマニアにまで受け入れられるような、
様々な背景を持った人に受け入れられるレコーダーにしてほしいと考えています。
BD搭載機を出すということは、VARDIAというブランド名も変わるのでしょうか…。
製品発表が非常に楽しみです。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > 2009-08

メタ情報
フィード
スポンサード リンク

Return to page top