iPhoneで遠隔ワンセグ・TVモバイルを試してみた

2 min 17 views
よしお

よしお

飛行機が好きな庶民、アラフォーなおじさん。
ライフワークはポケモンGO
出かけたら珍しいギフトを回収してフレンドに送信♪

TV&バッテリーを遠隔操作できるようにするアプリTVモバイルを使ってみました。

iPhoneでワンセグを視聴できるようにするTV&バッテリーですが、常に持ち歩く必要があります。
また、バッテリーがあまりもたないことに加え、電波の悪いところでは視聴が安定してできないなど、使い勝手はいいとはいえません。
そこで、TV&バッテリーは自宅に置いておき、softbankの回線を通してTV&バッテリーにアクセスするためのアプリが登場しました。
アプリは無料でインストールできますが、アプリ内課金で1000円のライセンス料がかかります。
簡単に言えば、TV&バッテリーを家庭内LANのTVサーバーにし、iPhoneからアクセスするようなイメージです。

早速「リモートモード」の設定をやってみましたが、結構大変でした。
まずTVモバイルから、TV&バッテリーを無線LANに参加させるための設定を行う必要があります。
注意点としては、無線の親機がステルスモード(ANY接続しない)になっていると、うまく無線を認識できません。
また、無線親機でMACアドレス制限を行っている場合は、TV&バッテリーのMACアドレスを登録する必要がありますが、
TV&バッテリーだけではMACアドレスを知ることができないので、まず取得する必要があります。
自分の場合は、無線親機のステータス・クライアントモニター画面から取得しました。

また、TV&バッテリーのIPなどの設定に関して、TV&バッテリーのインターネット側のIPアドレスは、
ルーターのグローバルIPアドレス(動的IPの場合はDDNSなど)を設定しますが、
自分の環境の場合はファイヤーウォールの設定のため、うまく接続することができません。
色々設定するのは面倒ですので、TVモバイルを利用する時にはVPNを利用することにしました。
よって、インターネット側のIPアドレスはルーターのローカルIPを指定し設定完了。

remote.PNG

tvmobile_ip.PNG

思っていたより快適に利用できます。
これでいつでもどこでも、iPhoneでワンセグが利用できるようになりました。

tvmobile_tv.PNG

まとめると、今回のポイントはVPNアクセスで利用することでしょうか。
VPNの場合は、家庭内LANで使う感覚と同一となりますので、
TV&モバイルのインターネット側IPはルーターのIP(グローバルIPを持った機器のLAN側アドレス)としても利用上問題ないと言うことです。

よしお

よしお

飛行機が好きな庶民、アラフォーなおじさん。
ライフワークはポケモンGO
出かけたら珍しいギフトを回収してフレンドに送信♪

カテゴリー:
関連記事