Vistaをインストールした後にXPをインストールしたとのきのデュアルブート

2 min 29 views
よしお

よしお

ライフワークはポケモンGO
飛行機を使ってギフト回収に出かけよう。

Windows VistaとWindows XPのデュアルブートを構成しました。
きっかけはWindows Vistaが使い物にならないため、Windows XPを使おうと思ったのがきっかけです。
通常、デュアルブートにするためには、Windows XP→Windows Vistaの順にインストールするという手順をとりますが、
今回は状況が逆なため、後からWindows XPを入れることになります。
Windows VistaのブートローダーはWindows XPのそれと変わっているらしく、ブートローダーの設定手順も違っています。
案の定、Windows XPをインストールするとVistaが起動しなくなりましたが、以下の手順でブートローダーを再構成することでデュアルブートできました。
【手順】
※準備するもの
 Windows VistaインストールDVD
※例
 Windows Vista→C:にインストール済み
 Windows XP→D:にインストールした
 DVDドライブ→F:
[1]. Windows VistaインストールDVDから起動し、修復メニューから回復コンソールを出す。
[2]. 下記のコマンドを実行する。
F:\boot\bootsect.exe /NT60 All
C:\Windows\system32\bcdedit /create {ntldr} /d “Windows XP SP3”
※ブートメニューに表示される名前です。すでに作成されている旨のメッセージが出る場合がありますが、そのまま続けて問題なし。
C:\Windows\system32\bcdedit /set {ntldr} device partition=D:
C:\Windows\system32\bcdedit /set {ntldr} path \ntldr
C:\Windows\system32\bcdedit /displayorder {ntldr} /addlast
[3]. 下記のファイルをD:\からC:\に移動する。
boot.ini
ntldr
ntdetect.com
[4]. [3]のboot.iniのWindows XPのエントリ2カ所をパーティーションの構成に合わせて変更する。
※例
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS

multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(3)\WINDOWS
これで何とか動かすことができました。

よしお

よしお

ライフワークはポケモンGO
飛行機を使ってギフト回収に出かけよう。

カテゴリー:
関連記事