Home > アーカイブ > 2009-10

2009-10

ブルーレイマイスター検定の景品が届いた

先日、なにやら見慣れない荷物が届いていました。
何だろうと確認してみると、ブルーレイマイスター検定の30位入賞の景品でした。
あれって20位以内がもらえるのかなと思っていましたが、うれしい誤算です。
いただいた賞品はSONYのレアグッズです。
sony_goods.jpg
SONYのロゴが入ったキーホルダーとボールペンです。
両方とも豪勢な箱に入っていて、使うのがもったいないです。
せっかくなので、記念として飾りにしておきましょう。
ブルーレイといえば、東芝からはWindows7の発売に合わせて、ブルーレイドライブ搭載のパソコンが発売されました。
しかし、ブルーレイレコーダーの発表はその兆しは全然ありません。
やっぱり年内には出ないのかなぁ…。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Windows 7にアップグレード

なにかと評判のいいWindows 7を早速インストールして使ってみました。
インストール先は、メインで使っている下記のようなFMV MG55T改現役です。
【FMV MG55T改現役の仕様】

  • CPU
    Core Duo T2400 1.83GB(T2300EをCPU交換)
  • メモリ
    3GB(増設)
  • SSD
    64GB(HDD 120GBを交換)

念のために、BIOSのバージョンを最新にしてから作業しています。
インストールはVistaの時とあまり変わらず、ほとんど自動で終了するような感じでした。
ドライバはいくつか自分で当てる必要がありますが、Vistaのドライバで問題なく動くようです。
使ってみた感想ですが、起動は確かに速くなったような感じがします。
実行中もVistaのように余計なものが動いている感じはなく、なかなかいい感じで動いています。
タスクバーはかなり大きな変更が加えられ、最初は大丈夫かなと思いましたが、結構使いやすいです。
右クリックで出てくるジャンプリストも、よく利用するタスクにすぐにアクセスできるので、使い物になります。
その他は見かけが多少変わっているだけですが、マイドキュメントがライブラリに統合されたのは自分にとってはよかったです。
これまであちこちにファイルを保存していましたが、ライブラリに種類ごとにきれいにまとめなおしました。
win7_1.png
また、XP Modeも正式リリースされたため、インストールして利用しています。
最初はマシンのCPUがIntel-VTに対応していなかったため、CPUを交換して利用しています。
今のところ利用用途はないのですが、IE6が必要なときとか、XPでしか動かないソフトの利用などで、今後使っていきたいと考えています。
win7_2.png
にしても、そろそろパソコンの買い換え時ですかねぇ。
まだまだ現役で動いてもらわなくては困ります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

FMV MG55TをIntel-VTに対応させてみた

Windows 7の一つのウリは仮想化を利用したXPモードですが、この機能を利用するためには、
CPUがIntel-VT(Intel)・AMD-V(AMD)の仮想化機能に対応し、かつBIOSでこの機能が有効にされている必要があります。
FMV MG55Tノートでこの機能を使うつもりで仕様を確認してみると、
CPUはCore Duo T2300搭載とあったので、Intel-VTをサポートしていると安心してたのですが、
インテル® バーチャライゼーション・テクノロジーには対応しておりません。
と小さく対応していない旨が明記されていました。
CPUの仕様を詳しく確認するとT2300ではなく、Intel-VT機能が省かれているT2300Eであることが判明しました。
これじゃWindows 7を使う意味がないということで、なんとか有効にしてやろうとCPUを交換してみることにしました。
交換プランは、T2300E→T2300を考えていましたが、部品調達の関係でT2300E→T2400にすることにしました。
若干のクロックアップになります。
うまくいくかなとおそるおそる交換しIntel-VTサポートを確認した結果↓
intel-vt.png
あっけなく認識し、これでXPモードを利用できます。
というわけで、まだまだこのノードパソコンは現役で働いてくれそうです。

iPhoneに大辞林を入れてしまった…

iPhoneアプリの大辞林がセール中です。
2500円 → 1500円
誘惑に負けて買ってしまいました。
daijirinsc.png
でもこれ、知らない単語とか、読み方とか色々と勉強になります。
ちょっとした本代わり?にもなります。
セールは10月いっぱい今月までです。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

SEAGATEのHDDにある大切なデータが…

Windows 7を導入中、色々やっていたところ突然外付けHDDが認識しなくなりました。
電源を入れ直しても、スピンアップ→スピンダウン→スピンアップ…を永遠に繰り返し、認識しません。
SEAGATEの640GBの内蔵HDDを外付け化して利用していましたが、
HDDが壊れたことよりも、中に入っていたデータを失ったことに大変なショックです。
大切なiPhoneデータや、バックアップデータすべてがパーに…。
もう寝込んでしまおうかと。。。
なんとか直せないものかと、Google先生に色々と尋ねてみたところ、なにやら怪しい記事が見つかりました。
SEAGATEのHDDには不具合があるらしく、突然使えなくなるらしいです。
自分はほとんどのHDDをSEAGATE製にしているため、該当機種がないか総点検することにしました。
【外付けHDD 640GB】
 ST3640323AS
 FW SD13
 ※ロックがかかり万事休暇
【LANDISK 2TBの4台の内1台】
 ST3500320AS
 FW SD15
 ※運良くロックはまだかかってなかったのでファームウェアアップデートを実行
そういえば、今年の初め頃ニュースに出ていた記憶がありますが、あまり気にしていませんでした。
この不具合は一定回数利用すると、HDDにロックがかかってしまうのだそうです。
スピンアップ→スピンダウン→スピンアップ…を永遠に繰り返すという似たような症状出たという報告例があり、
このHDDもどうやらこの不具合によりロックがかかってしまったようです。
ロックのかかったHDDのファムーウェアはSD13で、不具合が起こりやすいとされるSD15ではなかったですが、
なんと1台、SD15の該当機種がありました。危ない危ない。
SEAGATEはこの不具合に関して、修正用ファームウェアをリリースしていますが、ロックがかかってしまってからは後の祭り。
もうあきらめるしかないのかと思っていたところ、自力でロックを解除する方法を見つけた方がいらっしゃるようです。
なにやらシリアルポートを通して、基盤に直接何かをするみたいですが、それらの接続回路を自力で自作する必要があります。
自分にはハードルが高すぎるので、ロック解除キットなるものをオークションで入手しました。
手順通りに作業し、ロックの解除に成功!データを復旧することができました。
早速ファームウェアアップデートを実行。
ん?、大切なデータは光学メディアに二重バックアップしておかなければとつくづく実感…。
ロック解除にはこちらのページを参考にさせていただきました。
有識者の方、本当にありがとうございました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > 2009-10

メタ情報
フィード
スポンサード リンク

Return to page top